Firefox4 for Mac でプロファイルマネージャを出す

Windows版では確か -p スイッチでウィンドウが上がったと思ったが、Mac版で同じようにやってもウンともスンとも。

結論はこうでした。省略形の -P もありました。

/Applications/Firefox.app/Contents/MacOS/firefox-bin -ProfileManager

Leopardではアーキテクチャの指定オプションが必要でした。

arch -i386 /Applications/Firefox.app/Contents/MacOS/firefox-bin -ProfileManager

たいてい作業中はターミナルを開いているので、エイリアスを作成して叩けば必要十分でしたが、GUIでも扱えるように以下を参考にしてみました。

シェルスクリプトを Mac OS X 方式の .app にする方法 [簡単 2 ステップ]

Windowsに比べるとやや解りにくかった(?)ですが、こんな使い方があるとはまだまだMacを持ち腐れてるな…。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする