CodeIgniter 2.x ちょっと触ってみて所感と追加パッケージ

ドヤ顔できるほど達者なデベロッパーではないのですが、次期案件で採用しようかと思っていじってみた所感。

モデルがモデルっぽくない

ORMがないので、RailsやSymfonyのようなモデルではない。

クエリを発行するような、SQLを閉じ込めたオブジェクトといったところか。

それ故に、柔軟性があるといえて、テーブル構成を変えるには難しいレガシーアプリの置き換えなんかには向いているんだろう。

今回採用を考えているのは、まさに置き換えなのでばっちり。

ORMを使うハックもあるようだし、ActiveRecord機能もあるし、それが欲しいなら他のFWを使えって感じ?

ライブラリ管理

gitやhgリポジトリからcloneしてthirdpartyに突っ込んだり、バグに苦悩したりしてましたが、

CodeIgniter 用のライブラリ管理ソフト Spark という超絶便利な仕組みがありました。RailsのBundle的な。

テンプレートが欲しい

マニュアルを見ていると、以下のように複数のビューを読み込んでいた。

$this->view->load( “header” );
$this->view->load( “content” );
$this->view->load( “footer” );

Rails みたいな layout は用意されていないようで、細切れにしたヘッダーやフッターHTMLを繋ぐやりかたはいまいち。

そうゆーときは、ハックもいいが、拡張ライブラリをどんどん入れていきましょう。

Stackoverflowで見かけた philsturgeon::template が良さそうです。

とりあえず

てきとーに触ってて不満があったのはテンプレートの件だけだったので、ひとまずオッケー。

ボリューム的にも大した案件ではないので調度慣れるには良さそうだし、十分実用的。

ライブラリはかなりたくさん登録されているようなので、どんどん導入、どんどん手抜きして、

いいライブラリがあったらレビューしていきたいですねー。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする