github shop でグッズを買ってみた ( google checkoutで )

なんとなく Web を徘徊していたら、github shop なんてのがあるんだー、と発見し、オクタキャットマグカップとかあるんだな。定番だな、とぼんやり見ていたら、Octocat Onesie (赤ちゃん用の服っていうの?) というのが目に付いた。

ちょうど、一緒に仕事をしていた人たち3人に子供が産まれたとのことだったので、ウィットの利いたギフトにちょうどいいとおもって購入してみた。

到着して、つい最近プレゼントできたので掲載。

支払いは Google Checkout で

全部英語とは言え、一般的なショッピングサイトと同じ UI だし、商品数も少なく、シンプルなので、サイズを選んで、Add to cart をクリックするだけ。

英語を見た瞬間、卒倒するほどの英語アレルギーの持ち主でなければ大体わかるでしょう。

さて、お会計、とふと目をやると、Google Checkout が使える。せっかくなので、Google Checkout で支払ってみた。(今見たらボタンが消えてる?やめちゃった?)

Google のアカウントは常用しているのがあるので、ログインして、カード番号と送り先を入力して、確認と確定で支払いは完了。

仕組みや使い勝手は PayPal と大体同じだが、今のところ、手数料はかからないらしい。

そのうち Google Checkout に PayPal 喰われちゃうんじゃないだろうか…。

特筆することが無いくらいあっさり。

受領の確認がこなかった

他にも海外通販サイトは利用するが、大抵はリターンメールがあるものだが、そのメールはなかった。

Google Checkout での支払いでなにか問題あったかなー?と思いまてども、Google からもなにも言われず、2週間たったあたりで、急に github shop から発送したよー、とのメールが入っていた。

よく海外でのやり取りは2,3週間は当たり前に連絡が遅れる、などというが、やっぱりそうゆうトーンなんだろうか。

ヤフオクなんてやっていると、一日連絡が無いだけで目くじらを立てるひともいるし、自分もちょっと不安になったりもするが、少し神経質すぎるのかもしれないと改めて思う。

なんだかんだあっても、結局商品が届けば全部吹っ飛ぶしね。

商品到着

エアメールだったので、発送のメールからさらに2週間ほどで到着した。

送料 $2 。160円くらいだろうか。

海外通販は簡単

インターネット経由でのネット通販はとても簡単。

カードさえあれば世界中の通販は利用できると思っていい。(もちろん国際発送してるショップに限るけど)

大体のサイトは日本の通販サイトと一緒で、ボタンをクリックしてカートに追加して、支払いするだけだ。

英語が苦手…というひとは多いと思うが、実際のところそんなに英語力は必要無い。

わからない単語があれば、その場で辞書を引けばいい。ましてインターネットにつながっているのだから、Yahoo! 辞書でも Google 翻訳でも使えばいい。

問い合わせのときも、変に文法なんかにこだわらず、最悪、Excite 翻訳をそのまま貼り付けてもいい。

向こうもそれなりにわかろうとしてくれるはずだ。

以前、直接メールでやり取りをしたことがあるが、こっちががんばって何十行も丁寧なメールを送ったというのに、3行程度の「OK、大丈夫、まかせとけ」的なメールで返され、そんなトーンなんだなぁ、と拍子抜けたことがある。

気をつけなければいけないのは、ショップや商品によるが、梱包や質がいまいちだったりすることがあり、日本国内通販のような対応に期待してはいけない。(国内でもひどいのはあるけどね)

問い合わせに対しての返事も日本に比べたら遅いことがあるかもしれない。

そうゆうときは、催促のメールを出すもよし、あまりにセカセカしすぎてないか?と自分を見つめなおすもよし。

なんにしても、日本じゃなかなか買えない珍奇で珍妙なものが好きなら言語の壁と少しがんばって戦ってみるのも達成感があってよいんじゃないだろうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする