brother MyMio DCP-J715N にダイソーの詰め替えインクつかっちゃった

庶民のみかた 100円ショップ「ザ・ダイソー」 に新しくブラザー用の詰め替えインクが入っていたが、特に気にせずふーん、くらいに思っていた。

が、プリンタの黒インクが切れてしまい、新しいインクカードッジを調達するには少し時間がかかりそうで、近所のダイソーに詰め替えインクがあったことを思い出し、購入して利用してみた。

もちろん詰め替えは保障対象外で自己責任なのでおすすめは出来ないが、いちおう記録として。

染料インク

昨今の黒プリンタインクは顔料が使われていることがおおく、DCP-J715N 用のインクカードッジ LC11BK も顔料インクが使用されている。

顔料インクの方が、定着もよく、はっきりと、エッジの立った線が表現できたりと文字や図形などには適しているようだ。

一度顔料インクの通った内部のノズルに染料インクを通すことが果たしてよいのかどうかという不安が無くはない。

詰め替え

詰め替え方はご親切なマニュアルがついているのでそれに従うだけ。

インクのボトルに詰め替え用ノズルを取り付けて、インクカードリッジの上部の穴に差し込んで、ボトルを軽く押し、インクを送り込む。

後に、力任せに押し込んで中のゴム栓がずれてしまいました。気をつけてください。

インク残量窓を確認しながら、充填できたら、取り外します。

あとは本体に取り付けるだけ。

使用感

出力の比較ができないのでなんともいえないが、数回印刷を行って、特にトラブルもなかった。

出力もにじんだりすることなく、問題はなかった。

まだ詰め替え用インクが残っているので、新しいカードリッジは暫く必要なくなってしまったが、一応用意はしておこう。

ただ、一度染料インクを通したところにまた顔料インクを通すのはどうなのだろう。

あまり混ざって利用するのもよくないと思うが…。

そんな心配するならはじめから純正品をキチンと使えということですな。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする