CodeIgniter でつくる、あゆ板風何か vol.1

あゆ板を知ってる人は懐かしんだり、黒い歴史に悶えましょう。知らない人は知らなくていいです。

あのときはいろいろとやらかしました…いまじゃ反省しています。

いろいろな方面への懺悔は別のところでするとして、CodeIgniter をつかってちょっとしたアプリケーションをつくるための題材とします。

基本仕様はあゆ板を踏襲しつつ、CodeIgniter を使ってモダンな構築をしてみようかと思います。

仕様を整理

機能自体はたいしたこと無いのでサクッと作るのにちょうどよさそうなボリュームです。

画面単位で機能を見ると、

提供品の登録

  • 名前
  • メールアドレス
  • コメント
  • 削除用パスワード
  • 提供品名
  • 提供品種別
  • 提供品URL
  • 強制書き込み要求
  • ダウンロード制限数

提供品の一覧

  • 削除
  • 提供日
  • UP職人
  • 提供品
  • 種別
  • DL数
  • トピック情報

スレッド表示

  • 提供品コメント表示
  • 提供品URL表示
  • 投稿コメント表示
  • お名前
  • メールアドレス
  • 発言

ざっくりとこんなもんでしょうか。

最近はすっかり見かけない、スレッド型の掲示板に例の提供品という独特の機能をつけた仕様です。

方針/目標

オリジナルのあゆ板は perl で書かれた cgi スクリプトです。

ソースを持っていないのと、perl の経験が無いのでそれ以上のコメントはできません。

今回作るあゆ板風クローンは言語は php 、フレームワークに CodeIgniter を用います。

データは MySQL などの RDB に保存、CodeIgniter の規約に沿った MVC 構造で作成。

最後に CloudControl にデプロイして稼働させてみる、ということまでやりたいと思います。

最大の目的は CodeIgniter を用いてなにかアプリケーションをつくる、となっています。

ここで、出来上がりでデプロイ済みとリポジトリを置いておきます。

先にいろいろ言い訳をつけておくと…、

結構いい加減にコミットしているので、参考にせず見過ごしてもらえると幸いです。

いろいろ試行錯誤した結果、後から書いているので、抜けがあるかもしれません。記事としての質は悪いです。

また、連載の後半ほどいい加減になっていくので、あまり期待しないでくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする