生年月日が分かっているが、そこから年齢を計算したかったら

( {現在の年月日yyyymmddの数値型} - {生年月日yyyymmddの数値型} ) / 10000

の整数部分 が現在日での年齢となる。

注釈にもあるように、業務の仕様によってはこのままでは使えない(リンク先の記事に年金の例が載っています)かもしれませんが、それを許容できるならシンプルで使いやすい式です。

一旦、年齢をだしてから厳密に検証すれば上記の仕様にも対応できそうですし。

年齢をユーザーに入力してもらうよりは、生年月日を入力してもらう仕様が多いと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする