新しいプリンタ brother MyMio DCP-J925N を購入

別に以前購入した DCP-J715N が故障した訳ではなく、よく働いてくれているのですが、AirPrint に未対応という不満が出てきました。

購入スパンとしては自分のなかで短めでしたが、ちょうど良いタイミングでセール価格で 10,000 円を切る価格で購入できたので、乗り換えです。

AirPrint 対応機種はほかにもありますが、後続機を選択したのは以下の通りです。

ほとんどWebページやドキュメントの印刷しかしない

といってもほとんどポイントは J715N のときと同じです。

カタログによると、前機種よりもエンジンの改良がなされているとのことで、印刷速度やインクコストが少なくなっているとのこと。体感的にはそんな気がします。きっちりはかった訳ではないですが。

写真の印刷も文句を付けるほど眼は肥えてないので満足でした。不満なら素直に業者に頼む方がいいと思います。

両面印刷が可能

あんまり珍しい機能じゃないかもしれませんが、両面印刷が可能です。

AirPrint からでも「両面印刷」のオン/オフがあるので、簡単に切り替えて両面印刷ができました。ポイント高いです。

タッチパネル

ディスプレイがタッチパネルになり、いくつかの操作は画面上で行うようになっていました。

それほど魅力ではなかったのですが、前機種はメニューボタンと上下ボタンで機能を選択していたので、ややわかりにくかったのが緩和されたのは良いと思います。

クラウドサービス対応

なんとプリンタからクラウドサービスにアクセスして、スキャンデータをアップロードできたりしちゃいます。

Facebook, FLICKR, Picasa, Evernote, Google Docs, Dropbox に対応し、それぞれできることは若干ことなりますが、直接サービスへファイルを転送することができました。

ADF、ラベルプリント

ADFは前機種にもついていましたが、仕組みがかわって縒れにくくなった気がします。

ラベルプリントは重視していなかったので、機会があれば使ってみたいと思いますが、この値段でついているというのはなかなかお買い得なんじゃないでしょうか。

値段

たまたまセール価格で購入できたので 10,000 円弱でしたが、相場は 10,000 円ちょっとという感じでした。

AirPrint だけ欲しかったので、下位機種の J525N でもよかったのですが、両面印刷に惹かれてこちらにしました。

欲を言えば、J525N に両面印刷対応した機種があれば良かった(ラベルプリントやADFは無くてもいいかなと思った)のですが、そこはそうゆう売り方なんでしょう。やられた感が。

値段は 4,000 円ほど高価ですが、それに見合う価値はあるんじゃないかと。

そこに価値が見いだせなければ、J525N もオススメです(買ってないけど)

まだ詰め替えインク等を使っていませんが、インクタンクの形状や構造がかわっていたものの、なんとなく、前機種のものに似ているように見えるので、ダイソーの物がそのまま使えるのかもしれません(未検証)

まぁすぐに出そうですけど、印刷頻度と節約印刷でインクが切れる気配がないところもポイントが高かったです。

どうやらLC11のパッケージのものも中身は一緒のようです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする