:environment do deploy do invoke :'git:clone' invoke :'deploy:link_shared_paths' invoke :'bundle:install' invoke :'rails:db_migrate' invoke :'rails:assets_precompile' to :launch do invoke :'whenever:update' #" /> :environment do deploy do invoke :'git:clone' invoke :'deploy:link_shared_paths' invoke :'bundle:install' invoke :'rails:db_migrate' invoke :'rails:assets_precompile' to :launch do invoke :'whenever:update' #" />

mina で whenever を使いたい時

デプロイツール mina で whenever をデプロイ後に実行させたい場合。

追記

require 'mina/whenever'

ライブラリがもともと入っていたのでそれを読み込みます。(ドキュメントにはみあたりませんでした。そのうち書かれるかな?)

mina -T するとタスクが増えているのが確認できます。

mina whenever:clear # Clear crontab
mina whenever:update # Update crontab
mina whenever:write # Write crontab

コレを叩くだけでもリモートで whenever が走りますが、デプロイ後に実行されるようにさらに追記します。

といってもカンタン。デプロイ後に走る、to :launch ブロックにタスクを書くだけです。

desc "Deploys the current version to the server."
task :deploy => :environment do
  deploy do
    invoke :'git:clone'
    invoke :'deploy:link_shared_paths'
    invoke :'bundle:install'
    invoke :'rails:db_migrate'
    invoke :'rails:assets_precompile'
    to :launch do
      invoke :'whenever:update' # <= ここ!
    end
  end
end

デプロイ後に whenever:update が走ります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする