nemui(nem Utility Interface)というものを作りました。

nemui-03

nemアプリケーションの開発だったり、特定のアドレスを見ていたかったり、複数のアドレスを横断してみることができます。

モザイクの詳細も見れるようにしていたり、シングルアカウント、マルチシグの区別がわかりやすいようにしていたりと、

NanoWalletでみるよりは、アカウントの情報を確認しやすいものを目指して開発しています。

testnet, mainnetに対応しています。mijinも選べますが仕様上使えるような気がする実装になっているだけで、動作の確認はできてません。

使い方

初期画面がそっけなくて寂しいですが、使い始めるにはアドレスを登録するだけです。

必要があればノードも追加することができますのでいじってみてください。

nemui-01

ウィンドウが開いたらアドレスを追加します。

ノードはデフォルトでもよいですが、接続先のノードの調子が悪ければ変更してみてください。

nemui-02

Add ボタンで追加します。アドレスは連続で登録できるので閉じるには「x」を押すか、ウィンドウ外をクリックすれば閉じます。

nemui-03

あとはWebSocketでノードへの接続と情報の取得が始まるのでトランザクションが発生すれば更新されます。

各種タブで情報がみれるので色々みてみてください。

マルチシグアドレスだったり、マルチシグ連書者だったりすると追加でタブがでます。

追加したアドレスやノードはブラウザのローカルストレージに保存されるので、ブラウザを閉じても開けばまた再開できます。

じっくり機能を説明するほどでもないかなと思うのでざっくりした説明で終わりますが、なにかおかしな挙動や、こうゆう情報がだせないか、とかあれば頑張ってみます。

NanoWalletでは確認できない情報や、見せ方を自分なりに便利にしてみて、デバッグやトランザクションの確認に使えるものが欲しくて作りました。

とりあえずざっくり情報が見れるにしたレベルなので、もう少し情報の見え方に工夫を入れるとか、やたらCPUを喰う時があるので、それを改善するとかしてきます。

あと正直「ねむい(nemui)」と言いたかっただけが動機です。