昨今Firebase全盛ですが、結構クセもあり、Firebase前提ではないアプリだとむしろ取り回りにくいです。

ので、だいぶ制限されてしまったものの、Herokuの無料枠をありがたく使わせてもらっています。

環境変数のメモ。

環境変数をまとめてセットする

最近は環境変数の管理に.envファイルを使うことが多いと思います。

その内容をそのままHerokuにセットしたい場合。

$ heroku config:set $(cat .env)

環境変数をまとめて削除する

開発中などで一旦内容をクリアにしたい場合にはこんな感じで。

$ heroku config -s | cut -d= -f1 | xargs heroku config:remove

-sオプションはシェル形式(NAME=VALUE)で出力します。 それを=で区切って、変数名だけをまとめて渡してます。

設定されている環境変数のバックアップを取る

今設定されている変数をまるっとファイルに落としたい場合。

$ heroku config -s > .env.backup

こちらはさっきの削除のときの-sオプションで表示されるものをリダイレクトで保存してあげます。