yukku++
RSS Feed

Articles

  • AliExpressでカスタムオーダーのサイクルジャージを作ってみた

    AliExpressというAlibaba.comがやっている個人向けの海外通販サイトがあるのですが、このサイトでカスタムオーダーのサイクルジャージを注文してみました。 この記事はその流れの備忘録と誰かの参考になればというものです。 オーダーを依頼したショップ 今回依頼したショップの商品はこちらです。 custom made: Logo Cycling jersey WaywardFox Team cycling clothing MTB/ROAD Bicycle clothes...

    Read More »

  • ノーズミント(NOSEMINT)にドはまりとそのオリジナルっぽいやつが安くていい。

    ノーズミントというものを試してみたらドはまりしました。 まぁ某ユーチューバーにはとっくに取り上げられた程度には珍しくないものですが。 Amazon | NOSEMINT ノーズミント | NOSEMINT(ノーズミント) | 花粉ブロッククリーム・スプレー なんなのこれは ミントの精油を染み込ませたスポンジが入っていて、揮発してくる精油を鼻で嗅ぐことでリフレッシュできるというもの。 ノーズミントとは 名称はミントですがハッカのほうが近いと思います。 そもそもこのノーズミントというかこの商品はタイでは「ヤードム(嗅ぎ薬)」といって一般的なものらしいです。 もう病的に吸ってます。...

    Read More »

  • heroku の環境変数をまとめてセットしたり削除したり

    昨今Firebase全盛ですが、結構クセもあり、Firebase前提ではないアプリだとむしろ取り回りにくいです。 ので、だいぶ制限されてしまったものの、Herokuの無料枠をありがたく使わせてもらっています。 環境変数のメモ。 環境変数をまとめてセットする 最近は環境変数の管理に.envファイルを使うことが多いと思います。 その内容をそのままHerokuにセットしたい場合。 $ heroku config:set $(cat .env) 環境変数をまとめて削除する 開発中などで一旦内容をクリアにしたい場合にはこんな感じで。 $ heroku config...

    Read More »

  • TransifexでSphinxのドキュメントを翻訳した際の手順メモ

    次期nemであるnem2の開発者ドキュメントを和訳してフォークしたリポジトリで公開していましたが、このたび公式にマージされました。 NEM Developer Center — nem2-docs Master documentation NEM デベロッパーセンター — nem2-docs Master ドキュメント このドキュメント自体が sphinx...

    Read More »

  • NISのHTTP通信によるやりとりとHTTPSの必要性

    ミカン(@cryptomikan)さん | Twitterが書いた記事のツイートに対してコメントしたので、思うところを書きました。 秘密鍵の管理方法と悪用への対策 - Qiita 以下、指摘とかアドバイスとかではなくただのポエムです。 NISとのHTTP通信 残高やトランザクションの取得 HTTPなので平文がやり取りされますし、相手も本当にNISなのかはわかりません。 なので、残高などを取得していたサーバが実はNISに似た応答を返す偽NISかもしれません。 しかし、サーバは分散しているので他のノードへの問合せ結果と比較することで正しい内容を確認することができるでしょう。 この点については、偽物が紛れ込んでいても、他のノードで検証可能という意味で脆弱性ではない、仕組み上しょうがないことのうちだと思います。 これについては、アプリケーション側(できればSDKでサポートしてほしい)で複数のノードからデータを取得して検証するなどの仕組みがあれば解決できることです。 Don’t Trust,...

    Read More »

  • NIS2のAPIエンドポイントがSwagger/Insomniaでモダンに管理されるようになったよ

    NIS2のドキュメントが公開され、カタパルトのプレビュー版や情報がちらほら出てきました。 その中でAPIエンドポイントについて、以前の雑なドキュメントとは違い、しっかりしたものが公開されていたので見てみました。 といってもほとんどAPI管理ツールであるSwagger/Insomniaの話ですが。 API管理ツール用のJSON定義 APIについてはSwaggerもしくはInsomniaというAPI定義管理ツールを使っていくようで、そのJSON定義がアップされています。 nem2-docs/source/resources/collections/ nem2-docsドキュメントからのリンクはこちら。 Endpoints — NEM Developer Center それぞれ、ツールに読み込ませればいい感じで各APIエンドポイントの仕様を確認したり、リクエストを投げたりができます。 Swagger *追記しました。こちらからならすぐに見れます。 Build,...

    Read More »

  • NanoWalletにオフライントランザクション生成モジュールが追加されてた

    NanoWalletの2.1.2がリリースされ、オフライントランザクションの作成と送信機能が実装されていました。 (キャプチャは翻訳されていますが、これは私の作業中の画面であり、翻訳は記事執筆時にはまだマージもリリースされていません) オフライントランザクションの準備 上部のメニューより画面を開きます。見た目は通常の送信と同じですね。 それぞれを埋めてパスワードをいれたら、「作成」ボタンを押すと、右側のフィールドに署名済みJSONトランザクションが生成されます。 フィールドの右にあるボタンで、クリップボードにコピーとQRコードで表示するのを切り替えられます。 これが署名済みトランザクションです。 オフライントランザクションの送信 そうして生成した署名済みトランザクションを送信するには、リリースモジュールの画面を開きます。 署名済みトランザクションがメインネットのものかテストネットのものかを選んで、ノードを選びます。 ここに先程のトランザクションを貼り付けて「送信」ボタンで送信できます。 パスワードは必要ありません。署名済みだからです。 原状、QRコードによる送信はこのモジュールではできないみたいですね。 そのうちQRコードをドロップしたら読み込むとか、別途モバイルウォレットにも実装されるんでしょう。 もしくは、簡単に実装できる(QRコードをjsで解析して中身を読むライブラリがあったような)気がするのでブロードキャスターを作ってみてもいいかもです。 nem-rubyにも一応オフライントランザクションのサンプルがあります。...

    Read More »

  • nemのテストネットのノードの立ち上げとローカルAPIについて

    nemには実際に値段の付いているxemを扱うメインネットと、メインネットと同等のネットワークですが、nem自体やnemアプリケーションの実験、テスト、開発用として無価値とされるxemが流通するテストネットが存在します。 アプリケーション開発においていきなりメインネットのxemを使うとなると、意図しないバグなどでせっかく仕入れたxemを吹き飛ばしかねませんし、バグのたびにxemを買い集めていたら資金がなくなってしまいます。 そこでテストネットのxemを利用するわけです。 もちろんテストネットでも既存で立ち上がっているノードを使えばNIS APIを利用できますが、テストネットのノードはメインネットとくらべてとても少なく、承認に時間がかかったりする場合があるので、自分で立てる選択をする必要があるかもしれません。 すでに公式にはこのような記事があります。 Setting up a Testnet Node ちょっと内容が古いので、すでに更新されなくなったNCC(フルノードが必要なウォレットみたいなものです)の画像があったりしますが、ノードを立ち上げるという部分だけみれば手順は同じです。 ダウンロードと設定 Index of /...

    Read More »