MENU

ロジクール ワイヤレスマウス トラックボール M575S フォトレビュー

ずっとマウスを使っていたのですが、トラックボールっていままで使ったこと無いなぁと思ってデビューしてみました。

いろいろな製品はありますが、ひとまずは鉄板の M575S を選定。

目次

外箱・パッケージ

外箱から中身を出すと、厚紙で包まるように収納されていました。

包まれている紙にはインストールマニュアルが。

BluetoothとUnifyingで接続できるので、BTが無いマシンでもドングルを差し込めばすぐ使うことができるでしょう。

背面のスイッチでモードを切り替えます。

おまけの電池も付属していました。

あまり持たなそうですが、買ってきてすぐ使えるというのはいいですね。

本体

滑らせるわけではないので当然ですが、通常のマウスと違って、本体背面のグリップが強いです。

このボーリングの玉みたいな部分でカーソル操作を行います。

いま使用しているM720を隣に置いてみました。少し大きい感じです。

M720はモバイル向けなところもあり、小ぶりですね。

使用感

まだ慣れないので、今までのマウスも併用して使っています。

ついつい本体を動かそうとしてしまったり、ボールによるポインタのコントロールがうまく行かなかったりします。

一番慣れないのは、いままでマウスホイールを人差し指で操作していたのですが、M575Sだと、少し大きいせいか、中指でやらないとスムーズに動かせません。

もっとも、ホイール操作を中指でやれたほうが微妙とはいえ操作の効率が高そうなので、通常のマウスでもそうできるように癖を付けていこうかな、という感じです。

いままで普通のマウスを使ってきたのだから、数時間数日程度で馴染むとは思えません。

ゆっくり、じっくり使い込んで、操作感をなじませていこうと思います。

Share it!
目次
閉じる