プレミアム登録をすると有効になる Torrent 機能だった気がしますが、自前でセットアップすることで Transmission を動かすことができました。

この手順を参考にします。

transmission.tar.gz をダウンロードします。フォーラムへのログインが必要なので登録する必要があります。

(ファイル名はtransmission-1_92_ARM_Stora_tar.gzです。検索すると直リンがみつかりますので面倒な人はこの方法で…!)

一度ファイルを展開し、ふだん使っているログインユーザーでよいので、Storaのファミリー ライブラリへコピーしておきます。

ssh で stora へログインします。

ssh {user_name}_hipserv2_netgear_{XXXX-XXXX-XXXX-XXXX}@stora.local

{user_name} のところは、store に設定したユーザー名で置き換えて下さい。

{XXXX-XXXX-XXXX-XXXX} は本体付属のプロダクトキーを指定します。

Stora では Avahi が立ち上がっているので、LAN内であれば stora.local でアクセスできます。もしうまくいかない場合はIPアドレスを指定してください。

ログインできたら、rootへ昇格します。

sudo -E -s

「audit_log_user_command(): Connection refused」というエラーメッセージが出る場合がありますが、ちゃんとrootになっています。

念のため id -a を実行して確認してください。

uid=0(root) gid=0(root) groups=0(root),1(bin),2(daemon),3(sys),4(adm),6(disk),10(wheel),501(admins)

uid=0(root) で root であることが確認できます。

次に、先ほどコピーした transmission のディレクトリへ入ります。

cd "/home/user/0common/transmission"

ファミリー ライブラリ の実体は 0common なので、このディレクトリにコピーされているはずです。

ここから先のコマンドは、上記へ移動した前提のコマンドです。

まず先に、ファイルオーナーをrootにしておきます。

chown -R root: *

transmission-daemon を /usr/local/bin/ へ入れて、実行権限をつけます。

mv transmission-daemon /usr/local/bin/
chmod 0755 /usr/local/bin/transmission-daemon

web のディレクトリを /usr/share/transmission/ へ入れます。

mv web /usr/share/transmission/

init.d/transmission-daemon を /etc/init.d/ へ入れます。

mv init.d/transmission-daemon /etc/init.d

/etc/init.d/transmission-daemon を編集します。

# vi /etc/init.d/transmission-daemon
TRANSMISSION_HOME=/home/.config/transmission-daemon
DAEMON_USER="user"

TRANSMISSION_HOME は設定ファイルが保存される場所です。

これはデーモンを実行するユーザーがアクセスできる場所である必要があるので、ホームディレクトリを指定すると良いです。

# user という Storaユーザーで Transmission を動作させる場合。
TRANSMISSION_HOME=/home/user/.config/transmission-daemon

DAEMON_USER は Transmission を動作させるユーザーを指定します。

ここにはふだん使っているStoraユーザー名を指定すればよいでしょう。(ここでは user とします)

ファイルを修正して保存したら、サービスをスタートさせてみましょう。

/etc/init.d/transmission-daemon start
ps -ef |grep transmission-daemon

デーモンが立ち上がっていることを確認してください。

user      2942     1  0 14:00 ?        00:00:58 /usr/local/bin/transmission-daemon -g /home/user/.config/transmission-daemon
root      9962  7982  0 16:48 pts/0    00:00:00 grep transmission-daemon

このように表示されるはずです。動作を確認できたら、一度ストップします。

/etc/init.d/transmission-daemon start

設定ファイルが生成されているので、開いて編集します。

vi /home/user/.config/transmission-daemon/settings.json

いろいろ項目はありますが、ダウンロード保存先の download-dir は設定してください。

WebUI

サービスを立ち上げると WebUI で稼働状況を見ることができます。

http://stora.local:9091/にアクセスするとWebUIにアクセスすることができます。

ここから torrent ファイルを読み込ませたり出来ます。

自動的に Torrent ファイルを読み込む

settings.json に追記すると、指定ディレクトリに保存した *.torrent を読み込み、自動的にキューへ入れ、ダウンロードしてくれます。

"watch-dir": "\/home\/0common\/Torrents",
"watch-dir-enabled": true

設定する前に、一度サービスを停止させ、編集後に再度スタートさせてください。

余談ですが、こんなリポジトリが見つかりました。

Seagate の GoFlex というNAS に、Transmission をセットアップするスクリプトのようです。

Stora で使う Transmission と同じファイルをつかっているので、内部OSや仕組みが同じもののようですね。

NETGEAR Stora 【1年標準保証】ホームサーバー MS2000-100JPS
NETGEAR Stora 【1年標準保証】ホームサーバー MS2000-100JPS
出版社/メーカー: ネットギア
売上順位: 66581
概要: DLNA対応家電やモバイル端末からいつでもどこにいてもアクセスできる 『Stora』をお使いいただくことで、写真、音楽、動画をひとつの場所に集約し、家族やご友人と共有する環境を手軽に実現できます。また、保存したデジタルデータを、DLNA対応のテレビ、ゲーム機等から再生することも可能です。さらに、外出先ではAndroid携帯などのモバイル端末から『Stora』にアクセスして、保存した音楽や動画を楽しむ事ができます! RAID1ミラーリングやバックアップ・ユーティリティでデータ保護もバッチリ 保存した貴重なデータはきちんと守りたい。そんな時も『Stora』なら安心です。RAID1ミラーリングによってデータが保護されるので、万が一2台入れたハードディスクの1つが壊れても慌てずにすみます。壊れたディスクの交換を、本体の電源を落とさずにできるホットスワップ対応なのもうれしい機能の一つです。また、Windows® Backup機能およびApple Time Machineに対応したバックアップ・ユーティリティで自動バックアップも可能。安心感抜群の製品です。 セットアップウィザードやデスクトップアプリケーションで設定も運用も楽々 『Stora』は、セットアップウィザードにより、画面の指示に沿って必要事項を入力していくだけで初期構成が完了することが可能です。また、Stora内のフォルダに簡単に接続できたり、定期的な自動バックアップの設定が行えたりするWindowsおよびMac用のデスクトップアプリケーションをご用意しておりますので、日々の運用を手軽に行っていただけます。