MENU

Netgear Stora MS2000 で torrent 機能を使う

プレミアム登録をすると有効になる Torrent 機能だった気がしますが、自前でセットアップすることで Transmission を動かすことができました。

目次

セットアップ

あわせて読みたい
Transmission torrent client - OpenStora

この手順を参考にします。

あわせて読みたい
Welcome openstora.com - Hostmonster.com

transmission.tar.gz をダウンロードします。フォーラムへのログインが必要なので登録する必要があります。

(ファイル名はtransmission-1_92_ARM_Stora_tar.gzです。検索すると直リンがみつかりますので面倒な人はこの方法で。ただし自己責任で。)

一度ファイルを展開し、ふだん使っているログインユーザーでよいので、Storaのファミリー ライブラリへコピーしておきます。

ssh で stora へログインします。

ssh {user_name}_hipserv2_netgear_{XXXX-XXXX-XXXX-XXXX}@stora.local

{user_name} のところは、store に設定したユーザー名で置き換えて下さい。

{XXXX-XXXX-XXXX-XXXX} は本体付属のプロダクトキーを指定します。

Stora では Avahi が立ち上がっているので、LAN内であれば stora.local でアクセスできます。もしうまくいかない場合はIPアドレスを指定してください。

ログインできたら、rootへ昇格します。

sudo -E -s

audit_log_user_command(): Connection refusedというエラーメッセージが出る場合がありますが、ちゃんとrootになっています。

念のため id -a を実行して確認してください。

uid=0(root) gid=0(root) groups=0(root),1(bin),2(daemon),3(sys),4(adm),6(disk),10(wheel),501(admins)

uid=0(root)root であることが確認できます。

次に、先ほどコピーした transmission のディレクトリへ入ります。

cd "/home/user/0common/transmission"

ファミリー ライブラリ の実体は 0common なので、このディレクトリにコピーされているはずです。

ここから先のコマンドは、上記へ移動した前提のコマンドです。

まず先に、ファイルオーナーをrootにしておきます。

chown -R root: *

transmission-daemon/usr/local/bin/ へ入れて、実行権限をつけます。

mv transmission-daemon /usr/local/bin/
chmod 0755 /usr/local/bin/transmission-daemon

web のディレクトリを /usr/share/transmission/ へ入れます。

mv web /usr/share/transmission/

init.d/transmission-daemon/etc/init.d/ へ入れます。

mv init.d/transmission-daemon /etc/init.d

/etc/init.d/transmission-daemon を編集します。

# vi /etc/init.d/transmission-daemon
TRANSMISSION_HOME=/home/.config/transmission-daemon
DAEMON_USER="user"

TRANSMISSION_HOME は設定ファイルが保存される場所です。

これはデーモンを実行するユーザーがアクセスできる場所である必要があるので、ホームディレクトリを指定すると良いです。

# user という Storaユーザーで Transmission を動作させる場合。
TRANSMISSION_HOME=/home/user/.config/transmission-daemon

DAEMON_USERTransmission を動作させるユーザーを指定します。

ここにはふだん使っているStoraユーザー名を指定すればよいでしょう。(ここでは user とします)

ファイルを修正して保存したら、サービスをスタートさせてみましょう。

/etc/init.d/transmission-daemon start
ps -ef |grep transmission-daemon

デーモンが立ち上がっていることを確認してください。

user   2942    1 0 14:00     ? 00:00:58 /usr/local/bin/transmission-daemon -g /home/user/.config/transmission-daemon
root   9962 7982 0 16:48 pts/0 00:00:00 grep transmission-daemon

このような表示がされるはずです。動作を確認できたら、一度ストップします。

/etc/init.d/transmission-daemon start

設定ファイルが生成されているので、開いて編集します。

vi /home/user/.config/transmission-daemon/settings.json

いろいろ項目はありますが、ダウンロード保存先の download-dir は設定してください。

WebUI

サービスを立ち上げると WebUI で稼働状況を見ることができます。

http://stora.local:9091/にアクセスするとWebUIにアクセスすることができます。

ここから torrent ファイルを読み込ませたり出来ます。

自動的に Torrent ファイルを読み込む

settings.json に追記すると、指定ディレクトリに保存した *.torrent を読み込み、自動的にキューへ入れ、ダウンロードしてくれます。

"watch-dir": "\/home\/0common\/Torrents",
"watch-dir-enabled": true

設定する前に、一度サービスを停止させ、編集後に再度スタートさせてください。

余談ですが、こんなリポジトリが見つかりました。

Seagate の GoFlex というNAS に、Transmission をセットアップするスクリプトのようです。

Stora で使う Transmission と同じファイルをつかっているので、内部OSや仕組みが同じものなのかもしれませんね。

Share it!
目次
閉じる